船ネット DAILY

~大人のマリンライフを全力でアシスト。スタッフ日記~

船底シートも動き出しました!

account_circle
posted by
平田 善久

皆さんこんにちは。3月に入って暖かくなってきましたね。私の担当させていた

だいているエリアでも船底シートについてのお問い合わせや、発注の電話をいた

だけるようになってきました。

 

船底シートを設置しても電蝕は防げ無いのでアノードの交換は必要となりますが、

ほとんど船底にカキなどは付かなくなるので、船底塗装後に下架して、6ヶ月、

10ヶ月と経過しても船底のコンディションを気にするストレスから解放される

のが魅力ですね!

 

ちょっとウンチクですが、船底シートは、既製品とオーダーメイド品があります。

船内機の船は基本的にオーダーメイドとなります。既製品より僅かに価格が高い

のですが、本体色が選べたり、浮力体の大きさも選べます。

 

また、トランサムステップなどの艤装に合わせてカスタムメイド可能ですし、

船内機の艇は船外機艇と異なり、船底シートに乗り上げたままのエンジン始動時に

に冷却水吸い込み口にシートが貼りつかない?という心配もキングストンの位置を

計測して、その部分に重りを入れられますので、シートに乗り入れたままエンジン

をかけてもシートが吸い付く事もほぼありません。

 

船底シートにつきましては設置の事、製品の寿命、老朽化した際の処分など

などボートユーザーさんの疑問は沢山あるのではないかと思います。

 

間違っても押し売りなどしませんので、お気軽にお問い合わせ下さい!